implantsapporoの日記

札幌インプラントに関する治療ならびに考察したブログ(日記)

インプラント札幌【Q&A】歯を失ってしまった場合、どのような選択肢があるのでしょうか?

1.インプラント療法があります。インプラントは、1本から適応可能です。

ご自身の前後の歯を傷つける事は無く、取り外す必要もありません。噛む力も元々の歯が揃っていた時と殆ど変わりありません。見た目も自然な形にも設定が出来ます。しかし、骨が痩せてしまって細い場合や土手(骨)の高さが不足している場合は、インプラントを入れる事が出来ない事があります。例え無理にインプラントを入れる事が出来たとしても、自然な感じの形に冠を入れる事が出来ない場合もあります。外科的な処置が必須となります。

インプラントとは「あごの骨と結合した人工歯根」の事で、2回の手術が必要となります。

骨と結合するまで、上のあごで6ヶ月間、下のあごで3ヶ月間掛かります。

 

  • 2.前後の歯を削ってブリッジ(冠を橋渡しする事)にする方法があります。その際には、(健康な)ご自身の天然歯を削る事となってしまいます。仮に歯を1本失った際のブリッジは、最低前後2本のご自身の虫歯でもない歯を削るというのは余りにも勿体無い事となりますし、本来3本で噛む力を受ける所を2本で3本分の力を受けるという事は、やはり長期的には無理があります。外科的な処置は必要ありません。
  • 3.部分入れ歯という方法があります。金具(バネ)を掛けますので、前後の歯を削る必要はありません。しかし、ブリッジから比べると噛む力があまり出ない事の他に、金具(バネ)は必ず見えてしまう事、お食事後、寝る前には、その都度取り外し、洗浄剤などを使い入れ歯の清掃をしなくてはなりません。外科的な処置は必要ありません。
  • 4.何もしないという方法があります。

    処置自体、何もしませんので、歯を削る事も、入れ歯の型を採ることもありませんし、外科的な処置も必要ありません。 しかし、将来的にはあまり有効ではありません。

  • インプラント | 札幌 インプラント治療|費用|無料相談なら-札幌谷口歯科診療所

  •  

    インプラントに関わる治療に付随する【Q&A】
  • yahoo!知恵袋などのサイトでも、

    インプラントって何ですか?ただの差し歯じゃないんですか? - Yahoo!知恵袋

  • 色々と情報がある中で有効な選択はまずしっかりと自身のお口の診断をした方が良いという結果です。