implantsapporoの日記

札幌インプラントに関する治療ならびに考察したブログ(日記)

一般歯科治療についてまとめてみました。

・虫歯

・入れ歯

歯周病

CTで患者の口腔内検査を実施してカウンセリングする。

(個々の状況に合わせた治療計画に沿って治療する)

治療と予防に分類される歯科という医療

日々のメンテナンスや歯磨きのケア具合によって発生する虫歯(長期的に入れ歯)やはり思うのは小さい頃からの習慣で大人になっても健康な歯でいられる生活習慣だと思います。意識も大事ですが行動(連続)化によって創られるモノですよね。

歯科治療に関わる先生、衛生士さんや事務スタッフに組織力も大事ですね。

患者さんによって安心・信頼できる歯科医院(クリニック)診療所が良いですからね。

何気に「歯科衛生士」でGoogle先生に検索して見るとサジェストキーワードで「給料」といったキーワードが出てきたので閲覧すると・・・

歯科衛生士全体でみると、平均月収は25万円程度、年収は335万円程度という統計が出ています。 新卒の初任給は20万円前後が多くなっており、賞与の有無も歯科医院によってまちまちです。 基本的に、歯科衛生士の給料はキャリアと能力に応じてアップするため、勤務年数が増えれば昇給も望めるでしょう。

出典リンクURL

 
国家資格取得でもこの程度の収入だと?どうなんでしょうね??
 
資格取得時間また費用によるけれども、「やりがい」「働く志」次第って事ですかね?
 
本題の「一般歯科診療」から脱線してしまいましたが、とても気になる項目でしたのでブログ更新いたします。(色々と接する歯科医院や矯正歯科医院の先生は年収が高いのにスタッフは3倍以下ぐらいなのか・・・)WEB業界(地方都市)で新卒とデザイナーや営業職でも20万位だったかもしれません。(社会保険雇用保険、交通費などなど付けるから)20万以上ですね。(会社負担)ただ昨今はキャリア、勤続年数で昇給する経済構造では無いので一概に働くモチベーションってなんだろう?!ととても気になります。もちろん、報酬(イコール)金では無いのですが、時間・お金ってとても大事ですよね。会社を経営しているから余計にそう思うんですかね。今後の日本社会・経済がどうなってゆくのかを想定し変化に対応してゆく覚悟と術を強化しなければいけません。(リアル)
 
資格取得方法 専門教育課程(歯科衛生士養成所)を修了し、歯科衛生士国家試験に合格した者が、歯科衛生士となれる。 3年制以上の専門学校、短期大学での養成課程が一般的であるが、歯科医療の高度化、多様化に伴い、大学課程(歯学部口腔保健学科等の名称)、大学院課程(修士課程のみ)も有る。